〒796-0048
愛媛県八幡浜市
北浜1丁目3番37号
八幡浜支局 地域農業室内

1 日時:平成26年8月30日(土)12:00〜20:30
12:00 JAにしうわ本所駐車場集合(JR八幡浜駅隣)
2 内容:カヌー体験(大洲市まちの駅「あさもや」及び肱川)
     バーベキュー交流(瀬戸アグリトピア)
3 参加者要件:20歳以上の独身女性(先着20名)
4 参加費:1,000円
  ※集合場所までの往復交通費は参加者負担ととなりますのでご了承ください。
  ※JAからの移動はマイクロバスを準備しております。
5 主催:八西地区青年農業者連絡協議会・八幡浜市青年農業者連絡協議会
6 締切り:平成26年8月19日(火)
7 申込&問合せ:
(事務局)◎八幡浜支局地域農業室(担当:二宮) 
TEL:0894−23−0163(直通)  FAX:0894−23−1853
メールアドレス:ninomiya-fukuo@pref.ehime.jp
◎八幡浜市役所農林課(担当:山下)TEL:0894−22−3111(内線455)



イベント|2014,08,19, Tuesday

6月13日、第48回八西地区青年農業者球技大会を八幡浜市双岩にある八幡浜市民スポーツパークで(八西地区青年農業者連絡協議会員及びOB98名が参。6協議会に分かれ試合を行った。)ソフトボールの大会を開催ました。
当日は、心配された雨もなく梅雨の晴れ間の真夏を思わせる日差しのなか、熱戦を繰り広げました。

優勝は、日土橘4Hクラブ
準優勝、八幡浜青年部
敢闘賞、伊方地区青年農業者協議会

トピックス-2014-|2014,08,19, Tuesday

4月21日、県八幡浜支局で第50回八西地区青年農業者連絡協議会通常総会が代議員新規会員及び会員24人が参加し開催されました。
長岡会長より、平成18年から行っている首都圏・松山地区の小学校児童を対象とした出前授業は自分たちの柑橘生産作りに対する思いを知ってもらえるいい機会であり、積極的に参加をお願いしたい。と挨拶があった。
新会長には武内(保内4Hクラブ)さんが承認され就任しました。

トピックス-2014-|2014,06,18, Wednesday
3月19日、八幡浜支局において第17回八西地区青年農業者プロジェクト発表会が会員29人が参加のもと、6協議会の活動報告を行いました。

【発表題】
・保内4Hクラブ/「竹“採”物語Part掘
・日土橘4Hクラブ/「合格いよかんついにデビュー」
・伊方地区青年農業者協議会/「援農のカタチを探ろうPART供
・三崎地区農業後継者協議会/「プロジェクトM始動!!」
・八幡浜青年部/「柑橘の新しい食の利活用」
・川上青年産業部/「石地温州の根量調査Vol3」

【受賞組織】
八西地区若い農業者育成対策推進会議会長賞   伊方地区青年農業者協議会
西宇和農業協同組合代表理事理事長賞      日土橘4Hクラブ
八西地区青年農業者連絡協議会長賞       八幡浜青年部

トピックス-2014-|2014,06,18, Wednesday
3月10日、松山市内の2つの小学校で今年も柑橘の晩柑品種での出前授業を行いました。今年の参加メンバーは16人。
当日は、晩柑5品種(清見、不知火、甘平、せとか、はるみ)の果実試食、小学生に晩柑作りの思い、柑橘のおいしさを知ってもらうプレゼン等を行いました。
西宇和ミカンの魅力や農業のすばらしさなどを教えることができました。参加した会員も柑橘つくりのモチベーションを上げるいい機会になりました。

トピックス-2014-|2014,06,18, Wednesday
2月21日、八幡浜市センチュリーホテルにて初めてとなる協議会員同士の交流会を開催しました。
役員会にて「会員同士の交流が十分に出来ていないのでは?」という話があり、交流会を開催しようということになりました。
当日は、簿記記帳と小学生への出前授業についての取り組み状況報告、次年度以降の活動に役立てようと活動の意見交換を行いました。
その後、懇親を深めるお酒での交流会を十分行いました。

トピックス-2014-|2014,03,13, Thursday
2月18日、八幡浜市にある県立川之石高等学校において、青年農業者6人、川之石高校生8人が参加して交流会を開催しました。
 交流会では、青年農業者から「八西地区青年農業者連絡協議会の活動について」、かんきつ出前授業やプロジェクト活動などの発表を、高校生からは「養豚農家の三代目として」と題した発表を行いました。
また、青年農業者の育てた柑橘などを試食したあと、就農関係の補助支援の情報提供や後継者の就農までの経緯紹介・高校生の将来について意見交換を行いました。
「今日食べたかんきつの中でおいしい果実は?と質問したり、柑橘のおいしそうに見える切り方を披露するなど、積極的に交流が図られました。

トピックス-2014-|2014,03,13, Thursday
11月5〜14日にかけて、首都圏及び愛媛県松山市の12小学校で今年も出前授業を行いました。今年の参加メンバーは16人。
当日は、収穫体験用の「みかんのついた枝」や道具など会員が分担して事前に準備し、小学生にみかん作りの思い、みかんのおいしさを知ってもらうプレゼン等を行いました。
6〜8日は東京都、埼玉県の8小学校で、14日は松山市の4小学校で、約1,000人の子どもたちへ西宇和ミカンの魅力や農業のすばらしさなどを教えることができました。昨年参加した人は緊張は少なかったようですが、今年初めての参加者は最初はかなり緊張しました。参加した子どもたちPTA、先生方みなさんが説明を熱心に聞いてくれました。
3月には、松山市内の小学校に中晩柑類の出前授業を行う予定です。

トピックス-2013-|2014,03,13, Thursday
9月7日、独身女性9人を招き、会員16人と交流会を開催しました。
当日は、3班に分かれ自己紹介をしたあと、市内水産物加工販売店にて、じゃこ天・ちくわの製造体験を行いました。ちくわの体験では、すり身を板状にしたものを竹の棒に回しながら貼り付けるのに参加者は苦戦していました。
自分が作ったちくわをその場で焼き上げてもらい、作ったちくわをほおばりその出来を確認しました。
その後場所を移し、瀬戸アグリトピアでBBQを行い、お互いの仕事や農業についての意見を交換しながら交流を深め、終了時間を忘れるくらい賑やかな交流会となりました。

トピックス-2013-|2014,03,13, Thursday
7月29日に、県八幡浜支局で「平成25年度八西地区青年農業者リーダー研修会」を開催し、関係者35名が参加し開催しました。
研修は、県果樹研究センター研究員から「近年カンキツで問題となっている害虫被害の特徴と防除対策」について、八幡浜支局産地育成室職員から「温州みかんにおけるマルドリ栽培技術」「不知火における果皮障害軽減シート栽培技術」の講義を受けました。
参加者した会員からは、近年の温暖化による害虫の発生状況が変わってきているため、適期防除のための対策が十分勉強できた。マルドリ栽培・果皮障害軽減シートの栽培方法について勉強ができた。今後参考にしていきたいと感想がありました。

トピックス-2013-|2014,03,13, Thursday
PAGE TOP ↑